乾麺そば

みんなで遊ぼう!

屋外施設!海へ!山へ!

子どもにとってのさまざまな経験は、大人になってからの人格や生き方に影響を及ぼします。 日々の生活も子どもにとっては貴重な経験ですが、自然とのふれあいを通し、見て、香って、聞いて、触れて、感じて、と五感をフル活用した体験に子供達は興味を抱き、それが様々な能力を引き出します。例えば自然の中で見つけたおもしろい形の葉っぱでどんな遊びができるのか考えることで、発想力や想像力を養われます。また、生き物に触れることで生命の大切さを知ったり、土や水に直接触れて遊ぶことで、健康で丈夫な体や情緒の安定が身についたりします。更には「なぜ?どうして?」と探求心や好奇心を持ったり、力を合わせて目の前の課題を解決する事で、学校では教われない、大人になった際の生きる力が養われるのです。 ”みんなで遊ぼう!”では、『夜空に輝く星をゆっくり見る』『太陽が昇るところや沈むところを見る』『海や川で泳ぐ』『チョウやトンボ、バッタなどの昆虫を捕まえる』といった自然の中で遊ぶ機会が減った現代の子どもたちに非日常的経験を提供する事で未来を描く自信と想像力を養う一助となるよう活動を行います。